トップページ  北の錦ページ  七番蔵ページ  錦水庵ページ   


小林酒造へのご案内
記念館・酒蔵マップ
蔵見学予約
アクセスマップ
酒蔵まつり
北の錦ショップ
最新イベント情報
最新のホットな話題
きたのにしきナウ日報
造り酒屋をもっと知る会
酒粕の販売について
問い合わせ




 
北の錦は、様々なイベントを用意しています。


 メールマガジンで日程をお知らせします。





造り酒屋を知る会 
『蔵元見学と新酒を楽しむ
 新酒と全国粕漬けの祭典』開催のお知らせ


満員になりました。

開催日 30年5月19日(土) 
開始 10時40分(終了13時30分)
集合場所 蔵元北の錦記念館
定 員 20名
参加費 1,500円


【会の内容】
酒造りが一段落した5月、新酒の出来を楽しんで頂くイベント
を企画しました。
 
 酒蔵見学の後は『新酒と全国の粕漬けを楽しむ会』を開催
します。

 その昔、当蔵のおせち料理には道産の筋子や数の子を
粕漬けにして食べたといいいます。

 瓜やキューリなどの野菜から鱈、鮭などの魚介類など
多種多様な『粕漬け』が伝統食として根付き、なんと平安時代
からすでに楽しまれていたと伝えられています。

 古い歴史と魅力を持つこの文化の神髄を北の錦の新酒と
ともに楽しんでみたいと思います。

同時に、参加者の自家製粕漬けも同時募集します。
(粕床は“酒粕・味噌・糖類・調味料”など全くの自由です。)

ご当地色満載の全国の粕漬け・・・4種類
小林酒造 蔵元の粕漬け・・・5種類
お客様の出品粕漬け・・・数種類

粕漬けは日本人の食料を保存しながらより美味しく。
そんな知恵の集積が詰まった日本にしかない食文化です。

その素晴らしい世界を皆様と一緒に学んでいきたいと思います。

*天候がよければ、野外会場も検討しています。
防寒対策も各自準備され、臨んで頂きたいと存じます。

お申し込み開始は4月25日よりメール

お申込み&お問い合せはこちらから
 お申込み&お問い合せはこちらから

もしくは小林精志のfacebookのメッセンジャーからお申し込みください。
(3日以内に返信なき場合は、必ず電話 0123-72-1001 
専務小林までご連絡をお願いします。)



造り酒屋を知る会 その149

 蔵元で楽しむ『伝統の珍味と新酒を楽しむ会』
のお知らせ 

 
普段は立入禁止の酒蔵の奥を見学できる機会を
 今月2月24日(土)に設定しました。
 
 今、酒蔵は吟醸造りの真っ最中。心地よい、もろみの香りが酒蔵に立ちこめています。
 普段は見ることのできないお酒造りと発酵の様子をゆっくりご見学頂き
 そこから生まれたできたての新酒を皆様に楽しんで頂きます。

 見学の後は『伝統の塩辛と佃煮』を日本酒と合わせながら楽しんでいきます。
 伝統の塩辛と佃煮を今回たっぷりご用意しました。
 保存食として受け継がれてきた日本人の知恵。
 そんな伝統の保存食である酒の肴と日本酒の相性。そのルーツに迫りたいと思います

 そして搾ったばかりの日本酒との相性を皆さんと楽しく学んでいけたらと考えています。
 お席を増やしてお待ちしております!!
 
 今回は時間が変更になり、午後2時10分からの開催ですのでご注意願います。
 
 *行きは札幌駅から中央バスの 12:45分発 高速ゆうばり号
  帰りは栗山駅からの 17:30発 高速くりやま号に合わせて時間設定しました。

 開催日 30年2月24日(土) 
 開始 午後2時10分(終了 午後5時)
 
 集合場所 蔵元北の錦記念館
 定 員 25名
 参加費 1,500円

 *酒蔵の見学がありますので防寒対策をお願いします。
 朝食には発酵食品(納豆、漬け物
 ヨーグルトなど)、果物(みかんなど)は避けてください。
 
 お申し込み開始は2月5日よりメール

 info@kitanonishiki.com

 もしくは小林精志のfacebookのメッセンジャーからお申し込みください。
 (3日以内に返信なき場合は、必ず電話 0123-72-1001 
 専務小林までご連絡をお願いします。)



造り酒屋を知る会 その148

今回テーマ
『コンビネーション冷や奴と日本酒の相性について』


開催日 30年1月27日(土) 午前10時40分

集合場所 蔵元北の錦記念館(栗山町錦3-109)
定 員 20名
参加費 1,500円(豆腐王選手権の選手は無料)

 いよいよ酒蔵は、心地よい緊張感の中での吟醸造りが始まっています。
 普段は見ることのできないお酒造りの様子とそこから生まれたできたての新酒を皆様に楽しんで頂きます。
 
 蔵見学の後は5種類の創作冷や奴が楽しめる『オン・ザ・豆腐王選手権』。宅のみを冷や奴に賭けてきたアスリート達の夢の舞台をお楽しみください。
 日本酒の知識も少し身につけなが、和気あいあいに進めて行く140周年記念イベント第1弾です。

*酒蔵の見学がありますので防寒対策をお願いします。朝食には発酵食品(納豆、漬け物
ヨーグルトなど)、果物(みかんなど)は避けてください。


お申し込み開始は1月4日より受付いたします。ご了承くださいませ。

 info@kitanonishiki.com

もしくはfacebookのメッセンジャーからお申し込みください。
(3日以内に返信なき場合は、必ず電話 0123-72-1001 専務小林までご連絡をお願いします。)



合宿の聖地 芦別で初開催
日本酒大合宿!

 開催日27年4月24日(金)
 時間 夜8時から深夜まで。
 場所 お申し込み 芦別スターライトホテル
 料金 宿泊代込み10,000円

 詳細はこちらから

 小林酒造日本酒イベントの集大成。
 少し遅くの夜8時。合宿の聖地 芦別で
日本酒の合宿が実現。

 基本メニュー(予定)

 20:30~21:30
 大吟醸、搾りたて生酒、山廃、にごり酒など数種類の新酒と芦別の春の息吹オードブルをマリアージュ。
 各お酒の特徴を楽しむみながら解説する日本酒講座。

 21:00~22:00
 日本酒の実践、基礎知識講座。
ラベルの読み方、賢いお酒の買い方
美味しいお燗のつけ方まで・・・。
これからの楽しい日本酒ライフをお約束します。

 22:00~23:00
 小林酒造の酒造り、スライドショー
小林酒造の大吟醸造りに密着した、日本酒ができるまで。
かなり酒造りに詳しくなる内容です。

 24:00~
 ・深夜のマニアック日本酒講座。映画バーチャル日本酒、酒蔵見学の旅。
 ・深夜夜食を食べながら日本酒のうんちくに強くなる!テーブル対抗 日本酒クイズ合戦。もちろん優勝者にはプレゼント進呈!



北の錦 新酒を楽しむ忘年会

満員になりました。

 開催日 26年12月20日(土) 13時から
 会 費 1,500円  
 定 員 20名 (北の錦記念館集合)


 内容
  造り酒屋をもっと知る会を数ヶ月怠けている中
 杜氏と頭が最新作を引き下げて、北の錦の
 新酒を楽しむ会をやってくれる事になりました。
 専務は、45分だけ酒粕を使った肴を考えて少し参加します。
 今年最初で最後の、ディープな蔵見学、発酵の様子も存分にご期待ください。

 予定表
 13時~ 北の錦記念館集合(栗山駅から徒歩15分)
 13時15分~新酒に合わせる酒粕の肴(小林専務)
 14時00分~杜氏&頭(かしら)のお酒造りの話
 15時00分~頭、森糸と行く蔵見学プレミアムツアー
 16時00分~北の錦の新酒を楽しむ忘年会
 17時00  終了式

 *酒蔵内は強烈な寒さです。防寒対策はしっかりどうぞ。
 *酒蔵では着帽、手足の殺菌をお願いしています。
 2日前からは納豆の摂取、当日は香水は避けてください。

満員になりました。

 お申込み&お問い合せはこちらから
 (新酒を楽しむ会 参加希望係)

 Facebookからのメッセージ申し込みも可能です。




平成26年10月4日(土)開催!!

 
『造り酒屋“秋の利き酒教室”への誘い』
 北の錦の商品を対象とした恒例“利き酒教室”を開催します。
 今年も品質評価を兼ねた社内利き酒教室をお客様にも特別にご案内します。
 造り酒屋で、ちょっぴり本格的な“利き酒会”を体験して頂き、ご要望に応じてコツをレクチャーさせて頂きます。
 酒屋様、料飲店様はもちろん、一般のお客様、まったくの初心者のお客様も大歓迎です。当日は南杜氏や頭(かしら)の森糸も一緒にいます。何でしたら直接、みっちり『利き酒の方法と実践』をレクチャーしてもらうことも可能です!


 とき 平成26年10月4日(土) お申し込み不要です。

 PM 12:30~15:00の間、好きな時間帯に入場可能です。

 場 所 小林酒造北の錦事務所2F 

(講座やイベントは一切ありません。利き酒だけの企画です。お客様のご意見は今後の製品づくりに反映させて頂きます。)




平成26年7月16日(水)開催!!

小樽 星の庵 風の色
~風の錦の会~

 北の錦がお付き合いさせていただいている小樽、星野惠介さんのお店【星の庵 風の色】で北の錦の新酒会を開催する運びとなりました。

 道産酒造好適米の未来を背負って誕生した“きたしずく”純米や、札幌局で金賞を頂いたタンクのお酒を中心に、新酒五種類を星の庵で味わう小樽の夜です。
 当日は、専務小林が皆さんと、星の庵の肴とともにお酒の話で盛り上がりたいと思います。
 
 当日は十数名の少人数にて楽しく五感で北の錦と数々と酒肴を堪能していただきます。星の庵 風の色 店主 星野 惠介さんと小林酒造株式会社  小林 精志のコラボ企画です。 

●きたしずくの新酒誕生の感動のドキュメント上映!


とき 2014年7月16日(水)

暮れの部;午後5時30分〜午後8時
宵闇の部;午後8時30分〜午後11時(調整中)
定員;各回13名程度/予約制
会費;4,500円(調整中)

会場;バル・デ・オタルナイ 星の庵 風の色(小樽市花園1-8-20 嵐山新地内)
予約問合;080-5581-1822(星野)





平成26年6月6日(金)開催!!


フレンチと道産酒の  マリアージュ

 2014年6月6日(金) 19時開始

 花咲醸酒の会主催の日本酒とフレンチを楽しむ会。
 「宮の森ミュージアム・ガーデン」田口智也シェフが「小林酒造」の日本酒に合う料理をご提案。
 道産酒と美しい料理の数々が北海道の初夏を彩ります。

 場所/宮の森ミュージアム・ガーデン (札幌市中央区宮の森2条11丁目2-1)
 地下鉄円山公園駅より無料送迎バス運行(18:30発)

 会費/7,800円、ペア割引 15,000円
 ※お土産つき

 定員/50名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

 お申込み/件名を「6.6フレンチ」とし、氏名、年齢、当日連絡できる電話番号、人数を明記の上、hanasake43@gmail.com までメールにてお申込みください。

お問合せ/花咲醸酒の会事務局 hanasake43@gmail.com




平成26年4月26日(土)開催!!

 
『造り酒屋“春の公開利き酒会”への誘い』

 春に北の錦の全新酒を対象とした社内恒例“利き酒会”を開催します。
 今年の新酒(原酒)の利き酒(品質調査のため)会をお客様にも特別に、ご案内します。
 造り酒屋で、ちょっぴり本格的な“利き酒会”を体験して頂きます。
 酒屋様、料飲店様はもちろん、一般のお客様、まったくの初心者のお客様も大歓迎です。当日は南杜氏や頭(かしら)の森糸も一緒にいます。直接、みっちり『利き酒の方法と実践』をレクチャーしてもらうことも可能です。

 (当日、小林専務は不在です。なので、とても真面目な利き酒会です。)

 とき 平成26年4月26日(土) PM 12:00~15:00の間、好きな時間帯に入場可能です。

 場 所 小林酒造北の錦記念館  集合

 定 員 30人  入場料 1000円
(お酒の準備代に使用させて頂きます。)

 【内容】 44種類の今年の原酒を全て品質評価、検査する小林酒造恒例の利き酒会です。時間内であれば、いつでも入場可能です。随時、利き酒をお願いします。イベント、講座は一切ありません。利き酒だけの行事です。
 この会社の行事に、興味のあるお客様を午後の部でお迎えします。随時、お客様のご意見は今後の製品づくりに反映させて頂きます。

 お申込み&お問い合せはこちらから 





小林酒造を満喫!
栗山町で一泊。歴史・文化に触れる!


 これについては、小林酒造の主催ではありませんが、基本、小林精志が昼も夜もいる感じです。

☆ミシュラン北海道 一つ星「味道広路」のお昼ご飯
☆栗山の冬野菜料理と幻の美酒鍋!
☆道産米好適米のこだわり新酒
☆農家のおかあさんと漬け物づくりに挑戦

〔場 所〕 栗山町・小林酒造
      宿泊先 雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス
〔実施日〕 平成26年2月22日(土)~23日(日)
〔集合解散時間〕
【集合】 2月22日 10時45分 雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス
【解散】 2月23日 11時00分 雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス

     無料送迎バスもご利用できます
【出発】 2月22日 9時30分 JR札幌駅北口
【帰着】 2月23日 12時00分 JR札幌駅北口

〔定 員〕 40名(最少催行人数20名)
〔対 象〕 20歳以上
〔参加費〕 1名12,000円(1泊3食付)

〔お申し込み方法〕 参加される方の氏名・年齢・性別、代表者の連絡先住所・電話番号・E-mail
アドレスを記入の上、電話、Fax、E-mail
いずれかでお申し込みください。折り返しご連絡差し上げます。定員になり次第締切となります。

〔申込締切〕 2月14日(金)
〔お申し込み・お問い合わせ〕
NPO法人 雨煙別学校 〒069-1503 夕張郡栗山町字雨煙別1-4 火曜休館
Tel/Fax 0123-72-1696 E-mail info@uenbetsu.jp
URL http://uenbetsu.jp




26年2月27日(木)
琴似名店【雪峰】で
 北の錦とメープルシロップを楽しむ!

満員になりました。ありがとうございます。


 
 琴似を盛り上げるシリーズです。
 北の錦の新酒達と、ギャニオンさんのメープルシロップの出会い。
 それを『鮨 懐石の雪峰』で開催します。
  雪峰の岡村康徳氏のメープルシロップを取り入れた大注目のお料理と北の錦搾りたての5種類。
 こんな新鮮な、組み合わせに今からワクワクです!





 
 開催日 26年2月27日(木) 午後7時

 場所 札幌市西区琴似2条5丁目2−20 彩都パレス1F
 『鮨・懐石 雪峰』
 電話:011-215-5541

満員になりました。ありがとうございます。




和satohのお料理と北の錦の新酒を楽しむ会

満員になりました。ありがとうございます!


 
札幌厚別!あの和(なごみ)satohさんと北の錦のコラボイベントが、やっと実現!小林精志ができたてホヤホヤの搾りたて新酒を持参して、皆さんとゆっくり楽しむ会です。お近くの人は是非是非ご参加ください。


 札幌市厚別区青葉町9丁目6−1
 011-890-1275

開催日 26年3月27日(木)
時間 19:00~
会費4,000円











満員になりました。ありがとうございます!




小樽祝津番屋でそば味噌作って囲炉裏日本酒講座

 26年3月2日(日)


 
コープトラベルのツアーです。
 小樽の蔵元見学ののち、祝津「茨木家番屋」で、小樽の名店・籔半の小川原店主に日本酒に合う美味な「蕎麦味噌」の作り方を学びます。
 小林酒造と囲炉裏を囲んで、にしんやお寿司など、地元の美味しいものを肴に新酒で乾杯!日本酒片手に小樽旅。

開催日 26年3月2日(日)12時50分集合
料金:6,980円(番屋での夕食、日本酒チケット2枚、蕎麦味噌のおみやげ付き)
募集人数:35名(最小催行人数20名)


行程:
札幌全日空ホテル(13:00出発)→北の誉酒造(試飲・見学)→田中酒造(試飲・見学)→祝津・茨木家番屋(籔半の蕎麦味噌作り体験、囲炉裏を囲んで日本酒と地元の美味しいものパーティー)→夜の小樽自由散策→札幌駅北口(22:00解散予定)



企画協力:花咲醸酒の会
旅行企画・実施:コープトラベル
(コープさっぽろ旅行事業部)
TEL.011-851-7411



日本酒クリスマスパーティ「メリクリ★トックリ」開催

 舞台は札幌芸術の森
 参加者みんなで「マイ徳利作り&絵付け」にチャレンジ。
 芸術に一汗かいた後は、森のレストラン「ごちそうキッチン 畑のはる」へ。
 
 「日本酒タイムマシン&トラベラー」なるクリスマスお燗講座と道産野菜を中心としたビュッフェを楽しんで頂きます。
 20名限定の日本酒クリスマスパーティです。
 また、とっくり(タートルネック)の服を着てきてくださった方には、もれなく試飲チケットを1枚プレゼント。
 もちろん札幌全日空ホテルからの送迎バス付きで

 開催日 12月15日(日)
 送迎バス付
 参加費用:5,500円
(この企画は企画の性質上参加者を成人に限らせていただきます。)

  今回のお申し込みは
  コープトラベル011-851-7411 まで。
(月~金10時~18時、土10時~15時、日曜定休)

 イベントの詳細はパンフレットにて。

 道産日本酒応援プロジェクト「花咲醸酒 hana-sake43°」の主催です。





平成25年10月26日の【造り酒屋をもっと知る会 その140】は・・・

 
『造り酒屋“ちょっと本格的な利き酒会”への誘い』
満員になりました。
 晩秋に北の錦の全製品を対象とした“利き酒会”を開催することになりました。
 年末に向けて出荷を待つお酒の利き酒(品質調査のため)会をお客様にも特別にご案内します。
 造り酒屋で、ちょっぴり本格的な“利き酒”体験して頂くための、利き酒入門です。
 初心者でも、もちろん大歓迎です。杜氏や蔵人から、みっちり『利き酒の方法と実践』をレクチャーしてもらいましょう。

 と き 平成25年10月26日(土) PM 14:00~16:00
 場 所 
 小林酒造 北の錦記念館  集合

 定 員 30人
 参加費 1500円


 内容
 *杜氏による酒造りの基本教室
 *蔵人による利き酒講座
 *蔵人による酒造り直前 蔵案内

満員になりました。
 お申込み&お問い合せはこちらから 

 
小林専務からお客様へ これまで『造り酒屋をもっと知る会』をやってきた専務は、7月~9月と全て出張不在で10月もまた出張がはいってしまいました。このままでは知る会の存亡の危機なので今回は、蔵スタッフに任せることにしました。当日、何とか間に合えば『広島県西条直伝の美酒鍋』を作って差し上げます。



輝く!第1回 玉ネギ・トライアスロン 
選手募集のお知らせ

 小林酒造では、平成25年7月27日(土)に開催される日本一の玉ネギの町くりやまPR事業『玉ネギ・トライアスロン』選手を募集しております。

お申込みは以下の通り 

*北海道在住の玉ネギを愛する20歳以上の男女(プロアマ問わず)

大会のルール

*競技開始の笛が鳴ったら、まず収穫のための作業着に着替えます。これぞと思う玉ネギ(さらさらレッドの可能性もあり)を畑から掘り出して頂きます。

*収穫して10分以内に、土を落とし『玉ネギ・トライアスロン・キッチンスタジアム』までマラソン(数百メートル)です。

 キッチンスタジアムに観衆はいません。極秘に調理が進められます。
 エプロンに着替えて、皮をむいて競技台のスタートラインについてもらいます。

*調理の時間は、な、なんと30分間だけ。玉ネギのカットから、味付け、皿盛りまでを制限時間内に達成してください。

 調理が終了したら、再びマラソン(約2km)です。栗山町ののどかな農道を心ゆくまでお楽しみください。ちなみにマラソンの順位は審査に一切関係ありません。

*栗山駅がゴールインです。な、なんと栗山駅には、多くの玉ネギ農家さん、玉ネギに関係のある企業、研究者など50人はいるだろう審査員が選手のゴールを待っています。

*玉ネギのプロ達50人による試食会により、栄えある『2013 くりやま町公認 玉ネギレシピ優勝作品』が決定します。

 尚、お料理のレシピは、原則一種類、5人前です。

尚、以下の行為は、原則認められます。(但し、調理のシンプルさにおいて減点対象にもなります。)

1 玉ネギを事前に調味料に漬け込んだもの(3日以内)を調理に使用すること。

2 玉ネギを事前に油で揚げておく、あるいはオーブンで焼いておいたものを持参し料理の一部に使用すること。

3 調理に使用する素材を、事前に炒ったもの、あるいは揚げておいたものを持参し料理の一部に使用すること。

尚、以下の行為は、原則禁止されます。

1 どんな事であれ助っ人をつけること。

2 大量の油で揚げること。(冷めた油から使うので、大量の油は使えません。)マラソンの中継車でお料理を運搬するためアツアツ・レシピは大きな不利となりますのでお知りおきください。

3 いかにも珍しい、または入手困難な食材を使うこと。

4 審査員に暴言を吐くこと。なお、審査員が選手に暴言を吐くことはあります。(悪いね。)

審査の基準は以下の通りです。

(審査員は玉ネギ生産者さん、研究者さん、農関連の企業さん、主催者さんで構成されます。)

*おいしさ

*だれでもできるお手軽さ

*調理時間の短さ

*調理、および食材の数のシンプルさ

*玉ネギのラブ度

*爪が汚れていないか。

優勝者には くりやま公認の賞状と、周囲からの賞賛、くりやま飲食店での特別メニュー化、小林酒造から『くりやま玉ネギ王(又はクイーン)オリジナル日本酒』などが送られます。

協賛が付き次第、まだ景品は豪華になります。

 参加者には、旅費、宿泊費などを出せるように頑張ります。

選手としてエントリーしたい方は、いますぐお申込みを!

定員10名です。
お申込み多数の場合は、抽選となりますが、メールで、やる気だけは見せてください。やる気の2人は栗山町特別推薦枠とします。

 お申込み、お問い合わせはこちらから



*【琴似 雪峰で北の錦を味わう夕べ】


 久々に、琴似で北の錦の会をする事になりました。
 私、精志が主催です。
 『鮨・懐石 雪峰』は、伝統技を受け継ぎながらも斬新な感覚を加えた
 料理が、すんごく美味しい和食店です。

 北の錦の夏のオススメ6種類と一緒に贅沢な時間を過ごしましょう。
    場所 雪峰 
    札幌市西区琴似2条5丁目 彩都パレス1F
    011-215-5541

 とき 24年7月26日(木)午後7時スタート
 会費 5,000円
 お申込みは今すぐ
 info@kitanonishiki.com
(琴似の雪峰で北の錦を味わう夕べ参加希望 と明記してお申込みください。)

 
満員になりました。

 
*【すすきの 河庄で北の錦を味わう夕べ】

 うちのイベントでファンも多い、河庄さん。
 60年以上の歴史を持つ、河庄は情緒ある佇まいとともに
 絶品の酒の肴を、美味しく頂きましょう。
 北の錦の夏のオススメ6種類と一緒に過ごしましょう。
 これも私、精志が主催です。

 場所 札幌市中央区南7条西4丁目プリンス会館 地下1階
  011-512-0919

 とき 24年8月7日(火)午後7時スタート
 会費 4,500円
 お申込みは今すぐ
 info@kitanonishiki.com
(すすきの 河庄で北の錦を味わう夕べ参加希望と明記してお申込みください。)


 
満員になりました。



24年4月28日(土)の造り酒屋をもっと知る会 
番外編


 【第2回 一人酒蔵まつり 塩こうじユニバース】
 (昨年の様子・・・小山内美香さんのブログ)

 と き 平成24年4月28日(土)  
 開 始 午後1時~午後4時
 会 費 無料(事前申し込みなし 蔵見学もなし)

 
会の内容
 ゴールデンウィークに突入した初日。
 昼間から一人で酒蔵まつりを開催します。
 
あくまでも通りすがりのお客様が対象です。
 
これ目的では絶対に来ないでください。
 酒蔵まつり以来、極度の人間恐怖症になっています。

ついにできた5ヶ月間熟成の【僕の塩こうじ】!
 もったいないから皆さんと分かち合います。


 私が、
のんびり4時間にわたり一人焼き台で、塩こうじ料理を焼き続け、のんびり通りすがりのお客様に【ちょっかいを出す】。そういう事です。
 今年は【塩こうじ】がテーマです。全部、肴はこの日のんびりの小林専務のおごりです。お酒は新酒の蔵出し原酒を数種類用意します。キャッシュオンデリバリーで、主催者が酔い潰れる午後4時で終了します。

 
*お客様に注意 当日、用意しているお席は【ござ】です。常時、5人くらい座れます。
 雨天中止です。当日は、しかも非常に寒いです。全く期待しないでください。このイベント目的では、絶対にお越しにならないでください。小林専務社会復帰のためのリハビリ企画です。


 
当日、予想される塩こうじメニュー
 *塩こうじ鶏肉
 *豚バラの塩こうじ焼き
 *塩こうじホルモン
 *塩こうじチーズ

 *サーモンの塩こうじ


23年12月17日(土)午前11時から

 【杉玉作りと仕込風景の見学会】を開催します。

 とき 23年12月17日(土) 午前11時~午後13時
 集合 北の錦記念館 (会費 無料)
 申し込みは、メール info@kitanonishiki.com 12月17日杉玉見学会係まで


 23年11月26日(土)のイベント

 和(なごみ)の夕べ“わ・あそび・ごころ”

 ~和服で楽しむ蔵元の搾りたて~

 
女性限定の日本酒イベント“和の夕べ” 今年は日本酒とイタリアンフルコースをキモノで楽しむ会。
 
 “着物は持っているけれど、着ていく機会がない”
 “日本酒ってなんだか苦手、味わい方が分からない”

 そんなイメージのキモノと日本酒を気張らず楽しむ美味しい夜です。



 23年10月後半のイベント 1発目

 
【北の錦 秋の冷やおろしを(落ち着いた雰囲気で)楽しむ会】
 
~30代と50代 落ち着いて幸せを語る会~

 満員です。

 
日時 23年10月27日(木)19:00~
 場所 北海道札幌市南3条西3丁目 サンスリービル2F いのうえ蔵の庄
 スタート 19:00~
 定員 20名
 会費 5,000円


 『今回は、30代の方 10人と 50代の方10人を募集します。
 しっぽり、落ち着いた割烹“いのうえ蔵の庄”さん。
 そこで、やけに落ち着いて北の錦の秋の熟成酒を6種類楽しんで頂きます。
 30代と50代にそれぞれの世代に限定する深い意味はありません。
 ただ日本酒を飲みながら各世代の面白さについて、ちょいと考えて見ましょう。
 結果、少し元気の出る温もりのあるイベントを目指します。
 “しらける”事は、恐らくありません。イベントの鬼がついています。


 
いのうえ蔵の庄で 北の錦冷やおろしを楽しむ会 お申込み

 満員です。


 23年10月後半のイベント 2発目

 【どうしても今、伝えたいハシゴ酒の魅力】
~すすきの編~
 満員になりました。

 
『なんか困っちゃいますね。ハシゴ酒の魅力に取り憑かれると、かなり厄介です。

 で、また開催します。

 一人ではくぐるのが怖い暖簾(のれん)も、皆でくぐれば怖くない。
 これは古き良き居酒屋をずっと残したいという地道な活動なのかも知れません。だって、どの店も本当に素敵で美味しいんですもの・・・。

 極ちなみに前回はこんなん出ましたぁ
 小林君といく札幌ディープはしご酒 
(営業とはいえ、他メーカーのお酒を呑まなきゃいけない時もあります。そういう時は、ちょっと考えたりします。)


 開催日 23年10月20日(木) 午後5時30分スタート
 使うと思われる総額 6,500円(4軒で)
 
 
5時30分から9時まで、参加できる時間帯と携帯電話の番号を明記の上、お申込みください。

 今、どうしても伝えたいハシゴ酒の魅力~すすきの編~

 満員になりました。


 9月 禁断のイベント3連発!
一発目
 『日本酒もって世界一周 中華編』
 ~人気店 中華の布袋と北の錦 を楽しむ~


 
満員になりました。(9/8)

 とき  平成23年9月13日(火) 19時~21時
 場所  中華 布袋  011(272)4050
 
会費  4,500円
 定員  20人


 
【布袋さんで2回食べた。店の人気は尋常じゃない。大人気のザンギ。お昼なのに注文した6割くらいの客がお土産にする。もう口の中が、サクサク、アツアツ、むけむけだ。そんな運びで、ひさびさに、日本酒もって世界一周の運びとなった。北の錦の秋ラインナップ5種類と中華を体験する夜。しかも、ここの2階は、もろ昭和だ。】

 お問合せ 中華と北の錦の会 お申込み 返信が3日こない場合は 090-8632-6531まで

満員になりました。(9/8)

 ..............................................................

二発目
 『蔵元といく 深い情緒酒場 ぶらり巡りの夜』
 ~気になる酒場 4軒回って6千円が消えた日~

 1日で満員になりました。(9/1)

 
とき  平成23年9月15日(木)
 場所  気になる酒場(和洋問わず4軒)
 会費  6,000円かかる予定(1軒 1,500円)

 
 *参加者は、携帯電話を添えて事前登録が必要


 
【1次会も2次会決めないで果たして、イベントがやれるのか挑戦した企画です。しかもドタキャンのリスクも、待ち合わせのイライラも、この世の全ての悩みを解決しました。

 ステップ1 最初は精志が一人で飲む。場所を確保した時点で3人呼び出す。(6時~7時)

 ステップ2 二次会に4人でいく。場所を確保して、さらに4人呼び出す。(7時10分~8時20分)

 ステップ3 三次会に8人でいく。場所を確保して、さらに4人呼び出す。(8時30分~9時30分)

 ステップ4 四次会に12人でいく。場所を確保して、さたに3人呼び出す。(9時30分~11時10分)

 このシステムを考えるのに8年3ヶ月かかりました。
 参加したい人は、携帯電話番号と、主として何時から飲みたいかを明記の上お申込みください。
 参加者は15人で締め切ります。また16人目からの、キャンセル待ちのお客様は、次回に順番が持ち越されますので、末永くお付き合いください。】


 お問合せ 深い情緒酒場を巡る お申込み  返信が3日こない場合は 090-8632-6531まで
満員になりました。(9/1)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三発目!

 【小林君と行く、札幌ディープ居酒屋 秋のながれ旅】
 
満員になりました。(9/4)

 とき 9月28日(水) 17:00~ 
 場所  気になる酒場(和洋問わず4軒)

 私と【人生の絶望の中で、君は日本酒と、どう生きるか。】を、ハシゴ酒しながら語る会です。

 興味ある人は、日本酒の愛の話題もして差し上げられます。
 
 妙な、盛り上がり方、一人よがりプレイ、説教をこくと、即、退場となりますのでお気をつけください。

 満員になりました。(9/4)



なんちゃって同窓会 3連発の日程


本当にごめんなさい。なんちゃって同窓会 募集開始1日で満員になりました。
 

8/11(木)は、なんちゃって同窓会です。
 夜7時から、会費5,000円です。
 場所は、札幌南3西3 プレイタウン藤井

 “和食や円”


なんちゃって同窓会 について

 最近、全国的に注目を集める偽装の同窓会!

 お申し込み&お問合せはこちらから


なんちゃって同窓会の流れ

 ある居酒屋に【私立 錦中学同窓会】という架空の名前で予約を入れます。

 当日、集まった参加者は、似たような世代の人ばかり。

 もちろん担任の先生も偽装です。

 担任の偽装の挨拶で日本酒パーティがスタートします。


 みんな友達でもないのに、友達を装って飲み会を行います。

 お互い判明しているのは、下の名前だけ。

 お互い名前を【さも、懐かしげ】に下の名前で呼び合います。

 当然、全く共通の想い出がない仲間ですが、同世代だし、なんだかお酒も入って本当の同窓生に思えてくるから不思議です。

 すっかり本物の同窓会気分になり、お互い今後の健闘を誓いあった後、同窓会はお開きになります。


 お申し込みはこちらから

 
満員になりました


GWに何かやらないのか?と、言ってくださる皆んなに朗報!


第1回 ひとり酒蔵まつり

~さぁ!!ひとりぽっちの酒蔵まつり!華やかに開幕です~
(本当にやりたかった日本酒、心のおもてなし!!)


*開催日 23年4月23日(土)~5月8日(日)
(上記の、主に祝・休日に気が向いたときだけ開催します。)

*参加費100円(以下、使い道)
34円を、地震被災地に
33円を、うちの石蔵の修繕費に
33円を、自分の酒代に、それぞれ使います。


*場所 小林酒造内 旧売り場(記念館横の大杉玉の奥)

*内 容
・大人の火遊びと新酒しぼりたて コーナー(参加費100円)
・ジンギスカンの酒粕煮の試食と新酒コーナー(参加費100円)
・非常食と日本酒のマリアージュ(参加費100円)
・炙りチーズと究極のお燗酒体験(参加費100円)


・特別講演『ゴールデンウィークを100倍楽しむ日本酒術』講師 小林酒造専務 様
・こうじ室の壁材を使った ちびっ子型抜き広場
・三代目(親父)のパネル展示


大切な注意事項

*時間は4月23日~5月8日までの休日、気が向いたら断続的に開催。
*事前申し込みはできません。
*所要時間は約5分です。
*お席が5名分しかありません。
*絶対に、このイベント参加目的で遠方から来ないでください!!
*楽しいからといって長居はできません。延長料金も加算されます。
*主催者もお酒を飲みますので、びっくりしないでください。精志も休むのです。

主催 ひとり酒蔵まつり実行委員会



 北の錦 の想定外 小林酒造見学 企画


 
【愛は壁をつくる!】
(3/8から実施します)
 
大雪と地震に負けないお酒で
 酒蔵を守ってみせます宣言!


 1 これが問題の昭和初期のレンガ蔵の内部です。






 2 慣れた事とはいえ、ドカ雪が降る年は決まってこのように倒壊します。(右の写真は5年前の、こうじ室倒壊現場)







  

 3 で、今回のレンガ貯蔵庫です。案の定、日々、壁の亀裂が大きく成長して、今や真っ二つに割れようとしています。怖いですね。
 この蔵がなくなったら、僕たちのお酒の貯蔵庫がなくなるという訳です。


 4 今、僕ら従業員ができることは、自分達のお酒で蔵を助けるしかないのです!お金がない以上、行動あるのみです。

 5 まず、蔵が倒壊しないように、仮の補強工事を早急にすることになりました。もちろん、絶対立入禁止ですが、その工事の様子は、遠目には見てもらえるはずです。

 6 今、この現状を実際に見て頂き、なおかつ“お酒がウマイ!
 と言って買ってくださる方に、酒樽の薄皮の札に名前を書いてもらっています。

 きっと【愛は壁をつくる】のです!

 もしも、蔵を直すことができたら、この札を蔵の内部に全部貼り付けて、社員一同、感謝の気持で再出発したいと思います。いや、絶対にします。

*でも、試飲して酒が美味しくなかったら絶対買わないでください。同情は、僕らを弱くします。

もしも、小林酒造に来たら、詳しくは記念館窓口まで。

 その後の報告(地震とその後)

 3/7 1月に壊れた、うちの石蔵です。補強工事を完了し、あとは春になってから修復することが決定しました。想定外 雪冷中の酒の救出も続行中です。










 3/8 レンガ貯蔵庫が一両日中に倒壊の恐れと診断され、まずは壁の補強工事だけを行いました。 記念館には『愛は壁をつくる』に参加して頂ける人が沢山、来て頂けました。本当に感謝で一杯です。









 3/11 午後、東北地方太平洋地震が発生。マグニチュードは4。
私も体験した事のない2度にわたる長い揺れ。












 その後の太平洋沖地震の惨状は言うまでもありません。上の2枚は、地震によって広がった壁の亀裂です。

 もし、3日前に足場を組んで蔵を補強していなかったら、当社も確実に倒壊、最悪人身事故になっていたかも知れません。

 我々は3月14日より、記念館全商品を対象に収益の一部を、今回の東北地方太平洋沖地震の義援金にあてる事を決定しました。

 4/12 あれから一ヶ月。老舗まつりでの義援金、酒売り上げの収益の一部を、栗山町を通じて被災地に届けることができた。
 うちの蔵は、当面修復を断念したが酒造りができるだけ有り難いと思うこのごろ。





 4/28 震災の影響で北海道も観光客、料飲店が大ピンチ。うちの酒蔵も、結局、修復資金の目処がつかず、放置したままだ。
 考えてみれば、3/11のあの日から【義援される側から義援する側】へ立場が変わったのだった。
 被災地の酒蔵を思えば、うちの酒蔵の一つや二つ、社員の智恵で乗り越えられる。今は、元気。自分達の元気が、何かを生み出すと信じる。

 5/11 もうダメだ!!
 壁からオーロラが見えた。
とりあえず、夜逃げするか、借金して補修工事をするか人生の選択を考えることにする。













 
新酒の発売と
 初冬の酒蔵倒壊情報!!


 
新酒『しぼりたて生原酒』の初瓶詰めが行われた11月26日の午後

 久々に、酒蔵に、あのイヤ~な爆音が響きました。

 表に出ると六番蔵(明治33年建造)のレンガ塀に車がメリ込んでました~。
 
 幸いなことにドライバーの方は、ご無事でした。
 それが、なにより良かった事です。
 
 やはり、蔵はすごいですね。
 普通は車の方が大破する筈なのに、壊れたのはレンガの方です。
 蔵が、やさしく車を受け止めたのです。
 
 ・・・完璧な包容力。
 泣けるお話です。

 今、蔵の見た目が、すごく格好悪い感じになっています。
 
 すぐに、撤収したいのですが・・・
 
 
『レンガ運びで腰を傷めるくらいなら、酒造りで傷めよう!』

 という、ミナミ杜氏の一言で、しばらく放っておく事にしました。
 
 命を救った有形文化財です。
 みんなの心の中で抱きしめてあげましょう。
 (近寄ったら危険なので、よい子は近づかないでください。)

 お客様へ 小林酒造は、大多数の酒蔵が、倒壊寸前の状態であり、ここ数十年、補修作業を繰り返しています。そして自費で国の登録有形文化財である酒蔵を維持管理する事が極めて困難な状況に陥っています。
 願わくば、(ギリギリ)形をとどめている今のうちに、北海道の日本酒を歴史の一端を感じることのできる明治の酒蔵を、一人でも多くの方に見ていただきたいと考えています。




平成22年6月26日(土)

お車で参加できる
『日本酒初歩の初歩 講座』です。


集合時間 小林酒造 記念館前駐車場前 AM9時~(終了AM11時)
参加料 無料(事前、申し込み不要です。)

【今回の、イベントは事前のお申し込みが要りません。飲酒を伴わないイベントですので、どうぞお気軽にご参加ください。個人、ご家族、ご夫婦、カップル、グループ交際、赤ちゃん同士のお申し込みも200人くらいまで歓迎いたします。】今回は、ラーメンスープがテーマです。麺はありません。

内 容 
午前9時  分かりやすさの極限に挑戦する酒蔵案内。(50分)
午前9時50分  徹底した分かりやすさを追求した、お酒造り講座(30分)
午前10時20分 特別セミナー ラーメンスープと日本酒の未来(30分)
(講師 ラーメンの汁を肴に日本酒を飲む会 専務理事 小林精志)
午前10時50分 お楽しみ!豪華景品が当たるビンゴ大会(10分)
午前11時 分かりやすい閉会の言葉。


また、主催者としては大体、何人くらい席を用意したらいいのかを把握したいので、できればメールください。ドタキャンも全くOKです。




なんちゃって同窓会 
 
昭和42年~46年生まれの会開催について

以下の通り、やろうと思います。
ナイトバーズは、ディスコサウンド&日本酒を楽しめるお店です。
純粋に日本酒を同級生と楽しむ会です。
 
それで、そこで40年古酒を飲もうと思います。

 昭和42年~46年生まれの会 メールください。
 このメールを受け取った方で参加可能な方のみ、メール返信願います。
 
*今回はお店の席数の関係上、定員がございます。
参加表明は、5/22(土)までです。
 
定員オーバーの場合はご容赦願います。
 
 
開催日 平成22年5月25日(火)
 
時間 PM7時~9時
 
会費 4,000円
 
場所  バー Night Birds
札幌市中央区南4条西5丁目 F-45ビル6F
TEL 011-261-7630
http://nightbirds.exblog.jp/



12/23(水・祝日)

 
早朝、酒蔵見学会を開催します。

 
*平成21年12月23日(水・祝)朝8時!今年もやります。

 年に1度の早朝、酒蔵見学会。参加費無料。

 朝8時 小林酒造本社事務所に集合。(栗山町錦3丁目109番地)

 時間は、朝8時~10時(解散)


 もしも、祝日の朝に、造り酒屋の慌ただしい様子を見学したい人は、お申込みください。

 お休みの朝、少し早起きして、ライヴな酒造りを目の当たりにできるチャンスです。

 尚、試飲、飲酒は致しませんので、お車でも安心です。

  定員は20人。

 お申込みは info@kitanonishiki.com  12/23早朝酒蔵見学係までと明記してください。 

 担当 企画小林 090-8632-6531



日本酒に、まだ無関心な30代のための講座をやります。

 
『まだ無関心な30代のための日本酒講座』

 (満員です。)

 
~奇をてらった日本酒の凄い技 伝授の会~のお知らせ

 
できるだけ、まだ日本酒に無関心な30代の参加を募集します。

 『・前半戦は、日本酒のカクテル。フルーツとの相性1。究極の蔵元の珍味その1

 ・後半戦は、デザートと日本酒。フルーツとの相性2。究極の蔵元の珍味その2。』


 このように、やや邪道な切り口から『やんわりと日本酒への道』に誘います。

 とき 21年11月5日(木)午後7時~

 会場 札幌市南2西4 フェアリースクエアビル1F 『七番蔵』

 
(満員です。)






 
【続・30代の君に今、伝えたい日本酒hasigo会】

 今、30代の君に伝えたい日本酒の世界がある。

 
毎日、パソコンに目がチカチカして、気休めにブルベリーを錠剤を飲む君・・・

 最近、健康を考えて、あれだけ好きだったカップ焼きそばを、少し残してしまう君・・・

 少しずつ、小沢昭一の魅力が解りかけてきた君・・・

 そんな『ちょっとずつの想い』は私たちのものだ。

 そんなスゴイ僕たち私達に【日本酒はしご酒】の素晴らしい世界が理解できない、なんてことはありえない。

 ほしご酒を知ったら、チューハイばかりの20代も可愛いもんじゃないか。

 はしご酒を楽しんで、ウィスキーばっかりの団塊世代のお説教も受けて立とうじゃないか。

 この秋、北の錦が提案する、30代のための日本酒はしご酒大会。

 すごい情緒居酒屋が僕らを包み込む。

 只今、仮エントリー受付中!

 追って、詳細を発表します。

 ご興味のある方は、こちらからどうぞ。






【初めての人のための日本酒講座】

 
これはもう、日本酒の事を何にも知らない人のための企画です。

 2時間の正確なカリキュラムで効率的に【日本酒を何も知らない人】から【日本酒を少し分かる人】にして、世の中に送り出していくという試みです。

 【これは少人数制で実施】します。

 日本酒のすすきの駅前留学です。(あ、留学じゃないや・・・)

 
何もかも初めての人のためのカリキュラム

 19:00~
 開会の言葉

 19:05~19:25 
 日本酒は米からできるという話(酒米をかじる体験付き)

 19:25~19:45
 日本酒の造り方(各造り方別のお酒を楽しみながら)

 19:45~20:05
 日本酒の飲み方(温度別によるお酒の味わい)

 20:05~20:25
 日本酒の熟成(貯蔵年数別 日本酒の味わい)

 20:25~20:45
 日本酒との毎日の付き合い方(日本酒で日常が輝き出す)

 20:45~21:00
 日本酒の選び方(どう日本酒を選んだらよいかを伝授)


 
お申込み、お問い合せはこちらから




 
新企画 【明日を強く生きる会】 開催について

 
これは、悩みをもった人のための会です。

 
但し、その悩みは深刻なものであってはいけません。

 
見ず知らずの人と日本酒を飲み、語らいながら

 【なんとなく、その小さな悩みが解決できそう】

 その程度の悩みを参加者全員が持ち寄るのです。


 
どうやったら、明日に僅かでも光を当てられるのか。

 8割の苦難と2割の楽しみ。そういうバランスがあっての人生。

 その2割をどう充実させることができるのか。

 その2割に【日本酒が必要ですよ】という事をお伝えするのが私の役目でもあります。

 そして8割の苦難を乗り越えるためにも日本酒が必要?

 何にしても【気軽なお悩み相談会】なのであります。

 ルールは一つ。

 
【絶対、笑ってはいけない・・・】

 もし、人の悩みを少しでも笑ってしまったら、次回からお声がかからなくなります。

 なんだか、楽しみです。

 
参加を希望される人は、自分が持っている小さな悩みをお書き添えの上、お問い合せ&お申込みください。(以下に悩みの例を記載しています)

 
小さな悩みの例(実際に持ち込まれた相談)

 Aさんの場合
 『100%インドア派で虚弱体質の私は、真夏の海岸、鍛えられた小麦色の肌でビーチバレーをするロン毛の若者に死ぬほど嫉妬しています。白い歯、金のネックレス・・・。
一刻も早くこの世から消えて欲しい。そんな事を毎日考えている私ですが人として最低でしょうか?』

 B子さんの場合
 『ことあるごとにティッシュを無駄使いする夫を憎んでいます。夫は、地球環境の事を全く考えず、鼻をかむにもティッシュを3枚、家に入った小さな虫を捕まえるにもティッシュを2,3枚
、納豆ご飯の時は、一口食べるごとにティッシュで口を拭いています。このまま一緒にやっていく自信がありません。どうしたら良いのでしょうか。』

 C君の場合(これは小林精志の個人的な悩みです。ちなみに。)
 『炊飯器ずっと保温状態にし、ご飯のふちをカリカリにしてしまうお袋と毎日のように、つかみ合いの喧嘩をしています。僕は、ご飯のふちのカリカリが大嫌いで、
一粒でもカリカリが混ざってしまうと箸も付けたくないのです。お袋にも再三注意しましたが、聞く耳を持ちません。どうしたら分からず屋のお袋に理解してもらえるのでしょうか?』




なんちゃって同窓会 について

 最近、全国的に注目を集める偽装の同窓会!

なんちゃって同窓会 
3連発の日程


23年6月28日(火)
 
昭和37年~41年生まれの会やります。

 会場は、札幌中央区『七番蔵』『ふる里』他を考えています。開始は各回19時~
 自分の生まれた年、氏名を添えてお申込みください。飛び入り防止のため会場等の詳細は、メールお問合せください。

 
尚、23年7月に昭和47年~51年生まれ。23年8月に昭和42年~46年生まれの会を予定しています。いつでも、名簿登録できます。


 お申し込み&お問合せはこちらから


『なんちゃって同窓会』の
登録者を大募集


 前回のなんちゃっての様子

 私達にとって、同窓会はかけがえのない懐かしく嬉しいひとときです。

 せっかくの同窓会を仕事で参加できなかったり、欠席の返事を出してしまってから後悔する。

 なんていうのも、よくある話です。

 だから、そんな人のために小林酒造が皆様の同窓会を作るのです。

 そんなことで

 【なんちゃって同窓会】事務局では


 ・昭和32~36年生まれの方々のクラス

 ・昭和37~41年生まれの方々のクラス

 ・昭和42~46年生まれの方々のクラス

 ・昭和47~51年生まれの方々のクラス


 名簿登録していただける方を大募集しています。


 以下、噂の【なんちゃって同窓会】の概要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
なんちゃって同窓会の流れ

 ある居酒屋に
【私立 錦中学同窓会】という架空の名前で予約を入れます。

 当日、集まった参加者は、似たような世代の人ばかり。

 もちろん担任の先生も偽装です。

 担任の偽装の挨拶で日本酒パーティがスタートします。


 みんな友達でもないのに、友達を装って飲み会を行います。

 お互い判明しているのは、下の名前だけ。

 お互い名前を【さも、懐かしげ】に下の名前で呼び合います。

 当然、全く共通の想い出がない仲間ですが、同世代だし、なんだかお酒も入って本当の同窓生に思えてくるから不思議です。

 すっかり本物の同窓会気分になり、お互い今後の健闘を誓いあった後、同窓会はお開きになります。

 
この偽装同窓会。まずもって同窓生が集まらなきゃ話になりません。

 
まずは、それぞれの同窓会 名簿登録者を募集します。

 会場は札幌です。

 各世代、30人以上の登録者が集まり次第、同窓会を随時開催します。

 登録を済ませた方のみ、催行決定の世代からメールで会場(札幌)などの詳細を返信いたします。

 そういう飲み会なら是非!参加したいという人はご連絡を。メールでさらに詳しい内容をご説明します。


*なんちゃって同窓会 会の流れと公式ルール(重要)

 1 まずニセモノの担任のあいさつでスタートします。
 2 皆さんは、最初の1時間だけ、参加者同士、さも本当の同級生のように接していただきます。
  3 敬語は、終始使用を禁止します。後半の1時間は、余計な事を考えずお酒を楽しみます。
 4 しらけそうになったら、主催者側が、いろいろクイズなどやスゲー日本酒を出したりして盛り上げるので安心してください。
 5 最後に、クラス委員長のあいさつで締めます。
 6 2次会に行く人だけ2次会にいきます。


 お問い合せは『なんちゃって同窓会事務局

 
info@kitanonishiki.com


 
この【なんちゃって同窓会】へのお問い合せ




 
日本酒イベント新境地
 【口べたの会】
【人見知りの会】


注意

 *小林酒造の信用にかけて怪しいイベントではありません。

 
*【口ベタでない人】あるいは【人見知りではない人】は参加お断りします。

 *
万一盛り上がっては困りますので、できるかぎり私、小林と面識のない人を募集しています。

 共通の性格のお酒仲間ができたら素敵だろうなと考えています。

 間違ってほしくないのは、これは【口べた】や【人見知り】を直すための会ではありません。

 
【口べた】【人見知り】は、その人を心のパーツの一つであって、その人の人格や本性とは、まったく無縁のものです。

 私にいわせると私と同じ【口べた】【人見知り】の人ほど、お友達になりたい!

 【口べた】【人見知り】どうし、最高の日本酒を楽しみながら、その【口べたぶり】や【人見知りぶり】を存分に語り合いましょう。

 たとえ、語らえなかったとしても、そもそも【口べた】【人見知り】ですから、それは、ものすごく自然な事なのです。

 一緒に飲みましょう。

 
最高の【北の錦】をご用意します!!

 お申込みお問い合せは、こちらから

 第一回口べたの会(参加10人)場所 七番蔵の報告

 
30人近くの応募があった。今回、友達であっても、ほとんど話したことがない人、あるいは口べたに対して、それなりの思いを持っている人に参加していただいた。
 何も喋らないでも、居心地の良い会。それを目指そうと心に誓う。

 
第二回口べたの会(参加15人)場所 十方夷第の報告

 15人にあえて限定。正直【どこが口べたなんじゃい!】と突っ込みたくなるような楽しい雰囲気。しかし、実は『口べた同士集まると、なぜか口べたという雰囲気にならない』という事が判明。なんて素敵なんだろうと泣きながら、本当は口べたな人たちと別れる。


 第三回口べたの会(参加15人)場所 やきとん蝸盧

 やはり口べたの会には15人では多すぎる。どん底まで、暗い雰囲気の会をつくることの難しさを痛感。そもそも口べたの人が『ネットで募集する飲み会に参加するはずがない』という意見に傷心。



地酒(ジシュ)トレ会
会員募集のお知らせ


 
 第6回目の地酒トレが決定しました。

 開催日 平成22年11月11日(木) 午後9時~11時

 場所は 狸小路商店街6丁目(アーケード内)
       札幌市中央区南2条西3丁目 岡田ビル2階

 もっきりバル風の色  011-251-8570 です。

 時間 11月11日(木)午後9時です。
  
 http://www.kazenoiro.co.jp/jp/post_13.html

 ズバリ!ホッピーと北の錦の店です。

 当日、精志が、北の錦4種類

 ・脇田杜氏の最後の山田錦
 ・歴史上最後の北海二七八(初雫)
 ・まる田 特別版(吟風)
 ・にごり (吟風)

 を持参します。

 会費3,500円です。
 ホッピーは2杯目以降、料金が発生します。

 参加希望の方は、11/11地酒トレ参加希望と書いてメール返信ください。

 info@kitanonishiki.com

 よく地図で調べてから来てください。会費は3,500円を目指します。
 
 メールでの参加申し込みは11月9日(火)午後9時まで
 当日は、午後6時から受け付けます。電話090-8632-6531です。

 地酒(ジシュ)トレ会 参加します!の方はこちら

 *尚、いきなり来るのは、ご遠慮ください。

 上記でリンクできない場合は info@kitanonishiki.com
 にメールください。


 
地酒トレ酒場への想い

 
1 美味しいお酒を心から感じる時間が欲しい

 2 家に帰る前の、お酒のささやかな楽しみが欲しい

 3 わがままかも知れないけれど、お酒を飲む時に、自分の時間を守りつつ、できれば、気軽な飲み友達を増やしたい。

 そんな人が、今まさに、めちゃくちゃに多いのです。

 特に、思うのは、働く人(主婦も含めて)は残業は増加するわ、お小遣いは減るわで自分の時間が、本当に少なくなっている。

 
一方、居酒屋、バーをはじめとした酒場は、昨今の経済事情、社会的な背景から、午後9時からの、お客様が集めにくい実情に苦しんでいます。そう、みんな深刻なのです。

 だから、夜9時から11時。(といいつつ7時からもある)

 
今まで北の錦や自分を支えてくれた仲間をはじめ、お酒好きの集まる素敵な場所をなんとか作りたいと思っています。
 『人々に心のよりどころ』を提供する、価値のある取り組みだと思っています。

 来年から毎日開催を目指しています。
 好きな日に、気分に応じて参加できる飲み会。

 みんなで創っていきましょう。日常のささやかな幸せ。

                    平成22年7月30日 小林精志



 事務局では、会員を募集しています。

メールに、名前と携帯電話の番号を添えて事務局 info.kitanonishiki.com
まで申し込んでください。

 会員申し込み&お問合せ

 上記でリンクできない場合は info@kitanonishiki.com
 にメールくするなり。

 年会費、その他は一切かかりません。

 会員だけの開催が決定した時点で、お知らせメールが返信されます。

 地酒(ジシュ)トレ会とは?

 日本酒の地酒を飲む場所を増やすのが目的の会です。

 そして・・・

 人々のお酒を楽しむ人の『心のよりどころ』
 『今日の心のお休みどころ』をつくります。

 夜9時頃、なんらかの理由でお酒を楽しみたい人の集まる場所をつくります

 仕事が遅くなりがちな人のための『心のやすらぎ場所』『心の切り替え場所』
を目指していきます。

 また、酒場で一人でお酒を飲むのは少し抵抗がある人のための『一歩進んだ、相席』を目指します。


 基本的な『地酒トレ会』の説明

 平日の夜9時~11時に夜の酒場(だいたい居酒屋)に、会員が集まります。

 酒場は、情緒のある居酒屋が多いですが、バー、パブ、スナックなど業態を問いません。

 会場となる店を『地酒トレ酒場』と呼びます。
 
 会そのものの活動を『地酒トレ(ジシュトレ)』と呼びます。

 参加者は、事前に会員登録を済ませたメンバー達です。

 この会を重ねる結果として参加者に『ゆるい飲み友』が一人でも多く増えるのを理想としています。

一 目的・概念

 停滞感の強まる日本社会にあって、人と人がストレスなく触れあい、気軽に集える場所が求められます。
 人々の本日の『心のよりどころ』を酒場の一角に設定し、そこに集う事で、参加者の『暮らしの中のささやかな幸せ』づくりのお手伝いをします。

 会場となる『キキ酒場』には以下のようなルールがあります。

・1 誰に遠慮することなく気兼ねなく、お酒が飲める。
・2 他人から(どのような形であれ)拘束されない。
・3 自分が、その時間、その場所では尊重される。
・4 無理に盛り上がる必要のない、自分の意志のまま、普通で居られる。
・5 いつでも来られて、いつでも帰ることができる。

二 会員登録

 意義、目的をしっかり理解した上で、小林酒造のホームページから会員登録を行います。

 事務局は、小林酒造 小林精志が行い、会員の登録、参加許可、参加拒否を判断させて頂きます。

会員募集方法は基本的に、会員はメールにて名前、住所、携帯番号を事務局に通知して会員となります。

三 参加資格

・参加者資格~20歳以上の男女

・意義、目的である、参加者同士、ゆっくり、安らぎの空間づくりを意識し実行し、一歩進んだ『相席』空間を厳守できる方

四 『キキ酒場会』のルール(随時改訂)

第一条 参加者同士、地酒トレの意義、目的である、参加者同士のゆっくり、安らぎの空間づくりを意識し実行する事。

第二条 第一条に反すると考えられる行為及び、お説教、自慢話、しゃべり続ける、場を一人占めする、金銭の貸し借り、喧嘩、ナンパ(双方が了解しているなら認めます。但し、なんだか悔しい場合は除名する事があります。)などが発覚した場合、事務局の判断で、それに該当する会員を次回参加停止、もしくは除名ができます。

第三条 会場、参加費は事務局に一任し、事務局から通知する。

第四条 時間は夜9時~11時までとし、それまでに解散する。

第五条 飲むお酒は、基本的に、良質の日本酒を中心としますが、焼酎、梅酒、ビールも良しとします。

第六条 地酒トレの活動に賛同する加盟店は、地酒トレの加盟店になることができます。基本的に事務局が依頼する体質のものではなく、あくまで趣旨に賛同した料飲店が、加盟店希望を事務局に伝える形で加盟店として認めるものとします。


当日の進行

1 募集方法

 小林酒造の小林精志から、会員にメールで『キキ酒場会』開催のお知らせを配信します。

 『なんとなく行けそうだ』という人は、返信して参加表明しますが、特に参加の判断がつかない人は返信の必要がありません。

行けると判明した時点で 小林精志の携帯090-8632-6531まで、連絡してください。

2 会場での基本ルール

・参加費は、基本的に3,500円程度とし、当日、会場で最初に、その日の幹事に支払います。

・『キキ酒場会』の意義、目的をしっかり守って、楽しくお酒を飲み、余興などは行いません。あくまでも、会員全員で作り上げる『心の安らぎ場所』です。

・お店の迷惑を考えて11時以降は、決して、その会場に残ってはいけません。

以上 文責 小林酒造 小林精志

 
キキ酒場会 会員申し込み&お問合せ

栄えある地酒トレの歴史

*第1回目 2010/7/7 会場 札幌 七番蔵 参加者12名
 【記念すべき1回目は、精志が思い立ってから3日目に開催。緊張感からか、みんな明らかに、盛り上がり過ぎで失敗。あえて盛り上がらない会を目指す事もまた、難し。】
*第2回目 2010/7/13 会場 琴似 ふる里支店 参加者 20名
 【まだ2回目なのに、やけに参加者が多い。ルールブックであるべき精志が、こともあろうに一番うるさい。しかも11時過ぎまで残ってしまい只今、自宅謹慎中。再起を誓う。】
*第3回目 2010/7/16 会場 平岸 高雄 確か19名
 【なんだか、盛り上がるな!と言ってる自分がイヤになる。会の真の目的は何か?ただの飲み会とどこが違うのか、強烈な葛藤。高雄のサービスと居心地の良さに思わず泣く。】
*第4回目 2010/7/25 会場 札幌 バー エス
 【これは、COME ON主催の日本酒イベント。精志の日本酒一人万博 愛2010が、華やかに開幕。19回連続の日本酒ライブに精魂尽き果てる。】

*第5回目 2010/7/27 会場 千歳 えどや 参加者8名
 【まさか千歳だから参加者はいないだろうと思いきや、おさえた席が満席。えどやの大将の工藤さんは、筋金入りの酒研究家。ここでも、普通の飲み会とどこが違うのか悶絶の苦しみ。】





北の錦 酒塾を行っております

 小林酒造では、平日の2時間、日本酒基礎講座【北の錦酒塾】を行っております。

 例えば・・・

 
*酒蔵見学だけではなく、ちょっとした日本酒のお話をセットしたい。

 *ちょっと予算を使って体験的な日本酒講座を開催したい

 *料飲店で日本酒を提供しているけれど、ラベルの読み方や、基礎的な酒造りの知識くらいを身につけたい。

 *日本酒の知識を増やして、日本酒を自分のお店で取り扱ってみたい。

 *商売ではないけれど、一度、蔵元に行って大いに話したい。

 *専門的なこともドンドン聞いて、日本酒を極めたい!


 などなど、個人的なご要望に応じております。何卒、お気軽にお問い合せください。

 場所は、小林酒造の酒蔵と会議室での講座になります。

 参加資格 20歳以上であれば制限なし

 
費用 10人以上で1人1000円。但し、事前準備が発生する場合は要相談。

 
特典 受講した人だけが飲める日本酒のお土産付き(720ml 1本)

 
人数 1名から最大30名まで

 
時間帯 平日の2時間(朝9時~夜8時)までご希望の時間をメールでお問い合せください。

 
日本酒基礎講座【北の錦 酒塾】へのお問い合せはこちら