北の錦

特別純米酒 まる田 (化粧箱入り)

                 
原料米 酒造好適米 「吟風」
タイプ やや濃厚、やや辛口。
米の旨味を充分に生かした骨太の純米酒。
まる田は創業小林家の屋号。9号酵母使用。
頂き方 冷やして ぬる燗
アルコール度 16%
精米歩合 50%
日本酒度 +4
酸度 1.8
アミノ酸度 1.4
販売価格   720ml 1,400円(税別) 数量 :
販売価格   1800ml 2,800円(税別) 数量 :


「まる田」は小林家の屋号であり、北の錦の『道産米で造る現時点での最高峰の純米酒』。

北海道初の酒米を目指して開発された、吟風(空育158号)を使用し、原料米の個性である味の厚みを

どう力強く表現するかを目標に取り組んでいる。

酒本来の色と米の力強い旨味を大切に仕上げているので、濃厚な味わいも特徴である。

「酒の醍醐味は淡麗な飲みやすさではなく、米が織りなす旨味である。」というテーマに挑んだ酒造りで

”米本来の旨味こそ酒の命” を地でいく純米酒となった。

香ばしい餅、稲穂、新緑の風味がある。 口に広がるフレッシュな香味も、派手になりすぎないよう注意した。

料理に負けない酒質で、油を使った料理や肉料理などに相性がよい。

味わいは全体的にうま味がしっかり感じられ、わずかな苦味がアクセントになってキリッとした印象です。

純米吟醸酒の精米歩合まで米を磨いていますが、アルコール分が味わいに幅を持たせて濃厚な印象を持つ。

しかし、その分、喉ごしがスパッと切れ上がる感じがある。